認証の性能問題に悩んでいる方は、今すぐお申込み下さい!


  • ユーザ数、リクエスト数の増加で、認証基盤が負荷に耐えられない
  • LDAPやRADIUSが遅くて困っている・・・
  • 現在開発中のシステムでは、認証基盤は大丈夫だろうか・・・
  • 次期システムでは、認証基盤のスケーラビリティを確保したい
  • 認証基盤がサービス毎に分かれていて、ユーザの状態を共有できていない・・・

 
秒間10万リクエストを、参加者の目の前でデモンストレーションします!


  • 高速な分散KVSを活用する方式です。
  • 大手キャリア(通信事業者)のモバイル認証基盤として、既に数多くの導入実績があります。
  • 低スペックな小型サーバでも、秒間約10万リクエストを処理可能です。
  • 当日は、サーバを1台から10台まで増やしながら、その性能とスケーラビリティを実感して頂きます。

 
軽んじられる「認証」


スマートフォンの普及によって、ネットを使ったサービスは企業のビジネスにおいてその重要性を増しています。

その中で「認証」は、サービスの「入口」であり、大変重要な役割でありながら、システムの開発時には軽んじられる傾向にあります。

 
ユーザ増加によって、顕在化する「認証の性能問題」


 

このようなシステムでは、サービスが成功し、ユーザ数が増えリクエスト数が増えると、認証基盤の性能問題が発生する場合が多々あります。

また、認証基盤のスケーラビリティに関する設計ができておらず、対応に困るケースも残念ながら多くあります。

 
高額なRDBMSを増設するしかない・・・


結果として、高額なRDBMSを泣く泣く増設するしかない、という結論になってしまいます。

 
大手キャリア(通信事業者)のモバイル認証基盤として多数の実績がある、分散KVSを活用した統合認証基盤をご紹介します


 

そこでかもめでは、商用RDBMSの代わりに高速な分散KVSであるかもめの「KFEP」を使った認証基盤を紹介しています。

既に、大手キャリア(通信事業者)のモバイル認証基盤として多数の実績がある、大変安定性に優れた認証基盤です。

KFEPは、高速な認証基盤として最大のパフォーマンスを発揮するように、シンプルなデータを大量処理するケースで最適に動作するようチューニングされています。(一般的な分散KVSは、ログファイルやWebコンテンツなど、大きなデータを扱うようにチューニングされています。)

高速な分散KVS「KFEP」は、サーバ1台でも秒間1万件以上のリクエストを処理することが可能ですが、その「スケーラビリティ(拡張性)」が大きな特長です。

 
その性能とスケーラビリティを、あなたの目でご確認下さい


 

当日は、サーバを1台から10台まで増設していき、秒間約10万リクエストを実感して頂きます。

 
少人数のセミナーとなっております。
ご参加を希望される方は、今すぐお申込み下さい。


 

開催概要


日時:2015/2/19(木) 14:00~16:00

場所:かもめエンジニアリング 目黒オフィス(4階)
http://kfep.jp/company

プログラム
13:45~
受付

14:00~
ご挨拶
かもめエンジニアリング株式会社 代表取締役社長 潮村 剛

14:05~14:15
デモ環境の説明

14:15~15:00
分散KVSによる統合認証基盤、性能とスケーラビリティのデモ

15:00~16:00
質疑応答・アンケート

主催:
かもめエンジニアリング株式会社

協力:
株式会社オープンソース活用研究所
※申込みに際してご登録頂く個人情報は、主催、共催、協賛、協力の各企業の個人情報保護方針に従い厳重に管理され、情報交換のほかサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただくことがあります。